バストアップクリームの副作用

バストアップクリームの副作用

バストアップのためにマッサージを行っていましたが、あまり効果がありませんでした。
実は私の胸が小さいのは女性ホルモンが十分に分泌していないためだと気づき、専用のバストアップクリームを使うことにしました。

 

多くのバストアップクリームに含まれる成分にプエラリアがあります。
女性ホルモンを増やす効果があるので、女性らしい体つきを作ることができます。

 

しかしホルモンバランスが崩れるので、生理不順や不妊症といった副作用があります。
しかしクリームはサプリメントと違ってそれほど副作用が強くでません。
私は少しニキビができただけで、それも生理前だったので肌が敏感だったためと考えています。

 

プエラリアの安全性は保証されたものではありませんが、危険な成分とも言えません。
肌の弱い人や感受性の高い人は注意して使う必要があります。

 

プエラリアの摂取量の目安は決まっていませんが、肌に塗る場合はあまり気にしなくて良いです。
メーカーが指定する使い方を守り、不安な人はパッチテストや少量から始めるなどの対策で大きな副作用を防げます。
さらにプエラリアが入っておらず健康障害が報告されていないボルフィリンを配合したバストアップ商品もあります。